2021年9月12日の洛東ひとり散歩 - 清水寺付近を歩く

今日は、清水寺付近に散歩に出かけました。

あいにくの空模様でしたが、なんとか雨は降らずに散歩を終えることができました。


ここ最近、土日に晴れの日がほとんどないような気がします。




京阪清水五条駅


今日のスタート地点は、京阪清水五条駅からスタートです。

スタート時間は午前8時30分。


さっそく、清水寺に向かって歩いてきます。

大谷祖廟の入り口です。


ここも、趣のある場所ですよね。

さて、まだまだ清水寺に向かって歩いていきます。


清水寺


清水寺に到着しました。時刻は午前9時。

緊急事態宣言の影響からか、人がほとんどいませんでした。


ガラガラです。

やっぱりいつ見ても、清水寺は立派です。


2020年12月まで、屋根の葺き替えが工事が行われていたので、全景を見ることができませんでしたが、いまは全景をみることができます。


地主神社


ちなみに、清水寺のなかにある、地主神社にもいきました。

ここは良縁祈願で有名な神社です。


清水寺の境内にある神社で、清水寺と関わりがあるのかはネットで調べたところ分かりませんでした。



音羽の滝


この人の少なさ。

こんなにガラガラなのは、本当に珍しいです。

かつて観光公害なんて言葉もありましたが、今はどこ吹く風ですね。


ここの3つの滝の水を飲むと、向かって左は「学業成就」、真ん中は「恋愛成就」、右は「延命長寿」のご利益があると言われています。

私は「学業」と「恋愛」はもう関係ないので、右の延命長寿の水を飲みました。



清水の舞台を下から見上げたものです。

下から見上げると、かなりの崖に舞台が作られいるのが分かります。


ここで清水寺を後にして、登ってきた参道を降りていきます。


産寧坂


続いてきましたのが、産寧坂(三年坂)です。

この付近は私が大好きなところで、何度も訪れています。



この石畳の坂道から見える景色は、本当に京都らしい風情を残しています。

ここから法観音寺、八坂庚申堂、二寧坂など風情がある場所が満載です。



この時点ですでに10時15分くらいになっていましたので、人手もそろそろ出始めてきました。

この後、法観音寺と八坂庚申堂にいきましたが、人が多かったですね。



まとめ

清水寺とその付近を散歩しました。

洛東コースのなかでも、清水寺付近はものすごくおすすめです。


あと、念のためですが緊急事態宣言が出ておりますが、私は都道府県をまたいで移動はしておりませんし、一人で出かけていますので誰と話すこともありません。


感染症対策をおこなったうえで散歩をしております。

そして、今日もモンスターエナジーを最後に飲んで帰りました。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

それでは、また!